>

虫歯予防につながる

正しい生活習慣を

正しい生活習慣が、なぜ丈夫な歯を作ることや虫歯予防につながるのでしょうか。
例えば、睡眠不足であったり、食事をとるタイミングが不規則であったりすると、体自体の抵抗力が弱くなります。つまり、病気になりやすくなります。
よく、生活習慣が規則正しくなくて風邪をひいたりする例が見られますが、実は虫歯も例外ではありません。
体の抵抗力が弱まれば、当然口の中でも菌に対する抵抗力が弱くなります。虫歯菌にやられてしまう確率が高くなってしまうのです。
しっかりと睡眠をとって、ちゃんと食事をする。また、間食をしない、偏食をしない、などということをするだけでも、体の抵抗力を強めることが出来ます。
まずは、自分の生活習慣を見直してみましょう。

自分の生活習慣を見直そう

何か食事をした後には、すぐに歯磨きができないような時でもすぐにうがいをしたりして、口の中をなるべく清潔に保つことが重要です。
間食をしない、偏食をしない、というような取り組みも、少し意識するだけでできるようになるかと思います。
つまり、歯を丈夫にするための取り組みは、日常生活を少し見直して、少し意識するだけでもできるようになるのです。
こうした日々の小さな積み重ねが丈夫な歯をつくり、虫歯も予防することができます。
虫歯予防で歯磨き以外にすることがない、何をすればいいのかわからない、というような方は特に、自分の生活習慣を振り返ってみてください。
案外すぐに改善できるようなことが転がっているかもしれません。